HOME>コラム

■■ページメニュー■■
1)

運転免許知っとくコラム

2)

安全への取り組み

3)

交通事故発生情報

4)

道路交通法改定情報


■■ 運転免許知っとくコラム!■■
  これから免許を取る人も、新しい免許に切り替えたい人も必見のコラム!
資格取得に必要な情報から、豆知識的な雑学まで免許のよもやま話です。
■■コラムメニュー■■
1)

免許を取る時期はいつがいい?

2)

運転経歴証明書

3)

クルマもバイクも一緒に免許を取りたい☆同時教習

4)

新設の中型免許って何?


▼▼ 免許を取る時期はいつがいい?▼▼

法律上は満18歳以上と定められていますので、お誕生日を迎えられたら、そろそろ取得されるのがよろしいかと思います。
大学生や高校3年生の方は、学生で時間に余裕あるときに取っておいたほうがいいかも知れません。
ただ、学生時代はお金がない・・・という状況も確かですよね。

運転免許を取得するまでには約20~30万円程度は必要です。
社会人になってからは、お金はできるけど逆に今度は時間がとれなくなることがあります。
仕事にもよりますが、社会に出るとプライベートのまとまった時間が取れる割合が減るので、 皆さん学生の時に取るのが
一般的となっているようです。

学生時代なら、夏休みや春休みの時間が取れるうちに集中して合宿免許という方法も有ります。
合宿でなくても、通学を徐々に自分のスケジュールに合わせて始めるのも良いですね。

教習所によってはローンが組めるところもありますし、色々と自動車学校も探してみてはいかがですか?


▼▼ 運転経歴証明書▼▼

 「しまった!免許を取消になってしまった」という方、ご存知でしたか?
運転免許証の有効期間中にその運転免許の取消を申請し、 全ての免許を取り消された方は、その取消を行った
公安委員会に対し自動車等の運転に関する経歴についての書面(運転経歴証明書)の交付を申請する事ができるんです。

ただし、次の方は、申請による取消ができませんよ!!
○免許の取消基準に該当している方
○免許停止中の方又は免許停止の基準に該当している方
○再試験の基準に該当している方(基準該当初心運転者)

申請する場所は コチラです。
↓↓↓
○運転免許試験場
○各運転免許更新センター
○警察署

・各試験場 平日⇒詳しい時間は直接お問い合わせください。 土、日、祝休日、年末年始はお休みですので御注意を!
・運転免許更新センター
・警察署 平日 8:30~17:00

※申請取消のできない方であることが判明した場合には、不受理となり手続きできません。

必要なものはコチラです。
↓↓↓
●写真1枚(縦3cm×横2.4cm)
●手数料1,000円(現金納入)*異なる場合があります。

さあ、手続きが済んだらどこで受け取るのか?というと・・・

交付申請した試験場、免許更新センター、警察署において後日交付されます。
期間は約2週間程度はかかるようです。

この証明書では自動車等の運転をすることはできませんし、
住所等に変更が生じた場合でも、変更事項の記載を受けることはできません。
また、紛失等をされた場合でも、再交付を受けることができません。

免許経歴が必要になったら、各試験場に問合せてみましょう♪


▼▼ クルマもバイクも一緒に免許を取りたい☆同時教習▼▼

 各教習所には“同時教習”と呼ばれるプランがあります。

普通免許とバイク免許、 または大型免許のパックなどの教習をセットで受けることのできるプランです。 
ひとつひとつの教習を別々に受けることに比べて、安い料金で受けられますよ!

今後、ほかの免許を取ることも考えている方は、最初から同時教習で申し込むと お金と時間の節約になるかもしれませんね。
「パック教習」「セット教習」と呼ばれることもあります。

教習所に通っている期間中は、時間のやりくりが大変だったり、試験を受けに免許センターへ行ったり、
何かとめんどうなことが多いものですよね。

 いったん何かひとつの免許を取って、また別の免許を取るときにもう一度教習所に通うのは、かなりの労力が要ります。
 はじめから同時教習に申し込んで、一度に免許を取得する方法もぜひご検討くださいね。


▼▼ 新設の中型免許って何?▼▼

平成19年6月から免許区分が変わったのをご存知ですか?

道路交通法の一部を改正する法律が平成16年6月に公布され、 平成19年6月2日に施行されたため運転免許に
中型免許が新設されました。
以前の免許の自動二輪にあった限定条件の「中型」ではなく、四輪の免許区分が変わったものです!

従来の普通と大型免許の間に中型が設定されたわけですね。

中型免許って何?
中型免許の導入理由はトラック事故が多いため、徐々にステップアップさせて
事故を減らそうというもの。


この道路交通法改正前までは普通免許で車両総重量8t、最大積載量5t
までのトラックが運転できていました。
18歳で普通免許を取得すれば、大型トラック並みに大きな4tのロングボディ
も運転できてしまったわけです。

慣れない大きなトラックを運転して、重大事故を起こすということも問題視されて
のことです。

加害性が大きい大型トラックの事故を防止するため、運転免許を段階的にして
運転経験を積ませるという狙いもあります。

では、実際に平成196月2日交付分から変更された免許を見てみましょう。

すでに免許の更新をした人もいるでしょうが、新しくもらった免許を見てビックリした人もいるのではないですか?
今まで「普通」免許だったのが、更新されると「中型」にバージョンアップしているのです!

中には更新したら自動的に中型免許をもらえてラッキーと思っている人もいらっしゃるでしょうが、 条件の部分をよくごらんください。
「中型車は中型車(8t)に限る」という限定条件がついています。
これは平成196月1日までに普通免許を取得していた人が、 運転できるクルマの範囲が変わって困らないようにした限定条件なのです。
要するに既得権が認められたわけです。中型免許でもこの限定条件が付いていると今までの普通免許と変わらず総重量8t、
積載重量5t、乗員10人までのクルマしか運転できません。



PATE TOP
■■ 安全への取り組み■■

当サイトでご紹介している岡山県 勝英自動車学校での安全への取り組みについて少しご紹介します!
今回ご紹介するのは勝英自動車学校ですがその他教習所もそれぞれ教習生の安全、 地域の安全に向けて様々な努力を日々行っています。

▼▼エアバッグ及びABS(アンチロックブレーキシステム)搭載車の充実の促進 ▼▼
エアバッグ搭載 ABS(アンチロックブレーキシステム搭載

市販の普通車へは、エアバッグ及びABSの普及が促進され、新車にはほとんど搭載されています。 
これは、様々な企業、業界が交通安全維持等を目的として、実施しているものです。
勝英自動車学校と致しましても、「交通安全の啓蒙」「教習中の事故防止」 「安全意識の向上」等々の理由から、普通車(MT、AT)へ
エアバッグ及びABSの搭載車の充実を促進中です。


▼▼ライディングプロテクターの装着の促進 ▼▼
プロテクトターの装着の促進01プロテクターの装着の促進プロテクターの装着の促進03
事故をもし起こした場合、一番被害が大きいものは自動二輪です。
ヘルメットを被っていても、一歩間違えれば死亡事故につながることがあります。

そこで、勝英自動車学校では、通常の教習から生徒だけでなく、指導員も二輪教習の際には、
プロテクターを装着することにより、「安全に対する意識の向上」「より安全な環境での教習の推進」
「万が一の時を考慮」「教習から装着することによりプロテクターへの意識の抵抗をなくす」等々の
理由から、普通 自動二輪および大型自動二輪教習時は、指導員および教習生は基本で ある
【ヘルメット】【手袋】【長袖・長ズボン】以外にも【上半身プロテクター】 【エルボーパット】【ニーパット】を
装着しています。

▼▼安全運転講習会の実施の促進▼▼

自動車学校には、運転免許を取得することが出来る教習所と その地域の交通安全センターとしての役割も必要とされています。
そこで、勝英自動車学校では、独自に2種類の移動式車両を準備するとともに、 ローカルエリアはもとより、岡山県内や県外までも
出張し、講習会を実施しています。これは、すでに免許を取得された方に、 再度安全に対する意識を高めてもらうことを目的とし、
様々な体験を出来るだけ多くの方に経験していただくことを目的としています。

適性診断バス
適正診断バス01  適正診断バス02


乗車できる座席をすべて外し、運転席の後部に【適性診断】、中央部分に【運転シミュレーター】を搭載しています。

■【適性診断】では、運転に必要な個々の運転適性を簡単なテストを通じ、自覚し、 それを元に更に安全に運転していく意識を
高めることが出来ます。
■【運転シミュレーター】では、日頃体験・経験しにくい、雪道の運転、悪天候の運転などをコンピューターを使って、 擬似的に
体験し、経験することで、同じような条件下でも安全に運転を行うことが少しでも容易になります。


▼▼危険体験トラック▼▼

  ウィング式のトラックを改造し、【シートベルトコンビンサー】および【ロールオーバーシミュレーター】を搭載。

シートベルトコンビンサー
  体験では、時速10kmでのシートベルト装着時の事故を体験できる。その衝撃は、体験する人が想像するよりも強く感じられます。
このことにより、シートベルトの装着の重要性を再認識できるとともに、日頃の運転から装着することを促進することを目的としています。

ロールオーバーシミュレーター
  一生の運転生活の中で、車両が横転することはほとんどありません。
が、実際に一度でもその体験を経験したことがある方と、そうでない方では、 もし万が一、車両が横転した場合に、助かる可能性が
確実に変わります。
あまり知られていませんが、車両が横転した場合に、シートベルトをしていると、 もぐりこみやぶつかるといった事故からは
回避できますが、実は、自分の体重の重みでシートベルトは外れなくなります。その脱出方法を簡単かつ安全に体験することが出来ます。

危険体験トラック01危険体験トラック02 危険体験トラック03



PATE TOP
■■交通事故発生状況■■
  平成19年8月末までの岡山県内で起きた交通事故の発生状況です。
シートベルトの着用や携帯電話の使用について正しく行うことができれば発生状況も減少するかもしれませんね!

▼▼発生状況▼▼
区分 総事故件数 人身事故 物損事故件数
発生件数 うち死亡事故 重傷 軽傷 負傷者計
件数 死者数
平成19年 40,963 12,737 74 78 840 15,515 16,355 28,226
前年対比 増減数 -1,979 -519 -22 -19 -9 -573 -582 -1460
増減率 -4.6 -3.9 -22.9 -19.6 -1.1 -3.6 -3.4 -4.9
過去5年平均 44,368 12,234 91 93 842 14,737 15,579 32,134
過去5年
平均対比
増減数 -3,405 503 -17 -15 -2 778 776 -3,908
増減率 -7.7 4.1 -18.7 -16.5 -0.2 5.3 5.0 -12.2


▼▼死亡事故の発生状況▼▼
≪月別発生状況≫
月別発生状況

区分 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
平成19年 13 7 9 9 7 9 14 10         78
平成18年 10 12 8 11 16 6 15 19         97
過去5年平均 10.8 14.8 13.8 13.6 12.8 10.0 13.8 14.8         104.4



≪時間別発生状況≫
時間別発生状況

区分 0~2 2~4 4~6 6~8 8~10 10~12 12~14 14~16 16~18 18~20 20~22 22~24 合計
平成19年 8 5 1 8 5 4 7 10 9 10 8 3 78
平成18年 5 9 5 6 13 7 3 7 16 13 8 5 97
過去5年平均 9.2 5.6 8.6 5.8 12.2 9.8 6.8 5.8 10.2 13.2 10.8 6.4 104.4



≪昼夜別発生状況≫
昼夜別発生状況

区分 昼 間 夜 間 合計
平成19年 39 39 78
平成18年 55 42 97
過去5年平均 53.2 51.2 104.4





■■ 道路交通法改定情報■■

▼▼ 運転免許申請時提示書類について▼▼

  平成19年9月19日より道路交通法の一部が改正されます。

  それに伴い、普通自動車仮運転免許試験申請時において、住民票等の添付または提出に加えて 「本人確認書類」の
定時が必要となります。
普通自動車ご希望で免許証を所持されていない方がご入校の場合、以下のいずれかが必要となります。


【ご本人確認書類】
・健康保険の被保険者証
・住民基本台帳カード
・旅券(パスポート)

※普通自動車以外でご入校の方、免許証(原付・二輪等)を所持されている方は必要ありません。
※街頭する方で上記をお持ちいただけない場合、ご入校いただけない場合がございます。
※住民基本台帳カードについては申請日に交付できる市区町村と後日交付する市区町村があります。
( 日数がかかる場合がありますので、お早めにご準備下さい。 )


▼▼ 中型自動車・中型免許の新設 平成19年6月までに施行予定▼▼

  自動車の種類として車両総重量5t以上11t未満の中型自動車を新たに設け、これに対応して、中型免許及び中型
第二種免許が新設されます。

  『免許試験の受験資格』 ・改正後の大型免許は、現行の特に大きい大型自動車を運転できる要件と同様に、21歳以上で、
普通免許等を受けていた期間が3年以上 ・中型免許は、現行の大型免許と同じく、20歳以上で、普通免許等を受けていた
期間が2年以上 ・中型第二種免許は、現行の大型第二種免許及び普通第二種免許と同じく、21歳以上で、普通免許等を
受けていた期間が3年以上 これらの免許について、現行普通免許、大型第二種免許及び普通第二種免許と同じく、路上
試験及び取得時講習制度が導入されます。


▼▼ 違法駐車対策の見直し 平成18年6月までに施行予定▼▼

  違法駐車・放置車などの、運転者の責任追及ができない場合において、放置車両の使用者に対して 「放置違反金」の納付が命じ
られます。ならびに放置車両の確認及び、標章の取付けの事務を一定の 要件を満たす法人に委託(民間委託)することになりました。

  現行制度では、違法駐車はその車を駐車した運転者に罰金や反則金が科せられるため「停めたのは自分ではない」と責任を逃れる
ケースが多く見受けられましたが、改正後は車の使用者(多くは所有者)の責任を追及することが可能になります。
運転者が一定期間を経ても出頭してこない場合、使用者に通知し、違反金を科すこととなります。

  違反金を納付しない場合は車検を拒否する制裁措置を取り、駐車違反を繰り返す車の使用者に対しては、
車の利用を禁止する権限を都道府県公安委員会に与えます。
取り締まり事務は民間法人に委託し、違法駐車車両を確認し、カメラで証拠写真を撮影した後、警察に引き継ぐこととなります。


▼▼ バイクの高速道路・二人乗り規制見直し 平成17年6月までに施行予定▼▼

  高速道路のバイク2人乗りを認める改正道路交通法の施行日が2005年4月1日と決まりました。
ただし、20歳以上で、大型自動二輪車免許または 普通自動二輪車免許を受けていた期間が通算して3年以上の方に限ります。
(※違反者は10万円以下の罰金)


▼▼ATバイク免許! 平成17年6月1日より施行予定 ▼▼

  俗にいう【スクーター免許】が6月1日より解禁!

≪免許の区分≫
  AT限定大型二輪免許、AT限定普通二輪免許、AT小型限定普通二輪免許の3種類が設定される。
大型は650ccまで、普通は400ccまで、小型限定は125ccまでのATバイクを運転することができる。
大型の650ccまでという排気量設定は、現状では650cc以上のATバイクが国内生産されていないためである。
1970年代後半にホンダから発売された750ccのエアラなどが現存していたら、AT限定大型二輪免許では運転できないことになる。

≪教習所でのコース≫
  教習や技能試験で使用するATバイクは、大型が600~650cc、普通が300~400cc、小型限定が100~125ccと規定された。
現行の大型二輪免許の技能試験において使用する自動車は、総排気量700cc以上の自動二輪車とされているが、総排気量
700cc以上のAT二輪車が国内で生産されていないので、AT限定大型二輪免許の技能試験では総排気量600cc以上650cc以下の
AT二輪車が使用され、この免許で運転できるAT二輪車の総排気量も650cc以下のAT二輪車に限定される。 今後650ccを超える
スクータが登場した場合は、免許の条件がどのように変化するかは現時点では不明。教習所での時間数は他の免許を所持して
いない状態で大型が29時限、普通が15時限、小型限定が9時限となっており、現行の二輪免許はそれぞれ36時限、19時限、
12時限に比較すると3~7時間ほど少なくて済む。
普通免許など、他の運転免許を受けている者については、免許に応じて教習時限数を短縮する。


PATE TOP